じゅんちゃんの健康と幸せのブログ‼️

心と体が健康になる情報発信をします。

超簡単。自律神経を整えるぞ‼️

食事で自律神経を整える方法

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村
 自律神経を整えるために、注意を払わなくてはいけない臓器が存在します。
それがです。腸内環境が整うと自律神経も良い状態になっていきます。

 

自律神経と腸内環境の関係

 ストレスが原因で下痢や腹痛が起こるとよくいいますが、ストレスと腸には密接な関係があります。

 私たちがストレスを感じると、交感神経が優位になります。ところが、腸の動きを支配しているのは副交感神経のため、ストレスが溜まると腸の動きが鈍くなってしまいます。

 腸には脳の次に多くの神経細胞が存在しており、「第二の脳」と呼ばれるほど脳との関係も密接です。自律神経のバランスが整うと腸の動きも良くなります。

 逆に腸の動きが良くなると自律神経のバランスも整います。整った腸内環境を保つことで、 ストレスにも強くなるのです。

 

腸内環境を整える!

 腸内環境を整えるためには、「善玉菌」という体に良い影響を及ぼす菌の割合を、腸内において高く保つことが大切です。

 善玉菌を増やすためには、善玉菌を多く含む食品と、善玉菌のエサとなる食品を同時にとることで、より効果が高まります。

 善玉菌を多く含む食品とは、主に発酵食品です。納豆、キムチ、ヨーグルト、チーズ、ぬか漬けなどがあります。

 

善玉菌を増やす食材

 善玉菌のエサとなるものには、食物繊維やオリゴ糖などがあります。食物繊維を多く含む食品には、おから、ごぼう、さつまいも、きのこ類などがあります。

 オリゴ糖を多く含む食品には、 玉ねぎ、大豆、トウモロコシ、キャベツ、じゃがいも、にんにくなどがあります。

 これらの食品を同時にとることで、腸内における善玉菌が増え、腸内環境が整えられるのです。

 あなたも腸内環境を整えて健康を手に入れましょう!
↓↓手軽に整えたい人はコレ↓↓

アレルギークリニック院長が開発した丸山酵素!